新宿で予防接種をする内科をお探しなら【新宿しまだ内科クリニック】へ。

  • 〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目26−13 新宿中村屋ビル 3階
  • JR「新宿」駅 東口より徒歩2分、東京メトロ丸の内線「新宿駅」A6出入口直結

03-6380-1905

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)について

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)について

近年、食生活の欧米化などにより大腸がんは増加の一途をたどっています。
現在、男性でがん死亡原因の3位、女性は1位となっています。とても身近な存在です。
大腸がんのほとんどは大腸ポリープが大きく成長して出現することが多く、早い段階でのポリープ切除や定期的な大腸カメラを受けることによって未然に防ぐことが可能です。
早期発見であれば内視鏡治療での治癒も可能です。さらに健診で行う便潜血検査で陰性であっても大腸がんの存在は否定できないため、40歳を超えますと一度は大腸カメラを受けることをおすすめいたします。

このような方は検査を受けることをおすすめします

  • 検診の便潜血検査で陽性になった
  • 排便時に出血があったり、便に血が混ざることがある
  • 腹痛やお腹の張りなど、お腹の調子が悪い方
  • 便秘・下痢、便が細いなど、便通の異常がある
  • 急に体重が減った
  • 過去に大腸ポリープを指摘されたことがある
  • 40歳以上で一度も大腸内視鏡検査を受けたことがない方
  • 家族や親戚で大腸がんの方がいる
  • アルコール、タバコを摂取する方
  • お肉や脂っぽいお食事が多い方

当院の大腸カメラの特徴

  • ご希望により鎮静剤を使って眠った状態での検査が可能です。
  • 大腸ポリープがあった場合はその場で日帰りでの切除が可能です。
    (ただし切除できない大きいもの、進行がんが疑わしい場合は紹介となることがあります。)
  • カメラの送気システムに炭酸ガス(二酸化炭素)を使用しています。これにより検査時や検査後のお腹の張りや痛みを和らげることができます。
  • 胃カメラ、大腸カメラを同日に一気に行うことができます。検査に何度も足を運ぶ必要がございません。
  • 経験豊富な消化器内視鏡専門医が検査・治療を施行いたします。

大腸内視鏡検査の流れ

01
検査予約

検査予約

検査ご予約のため事前に外来を受診していただきます。
服用中のお薬を確認いたしますので、お薬手帳をお持ちの方はお持ちください。

02
検査前日

検査前日

事前にお渡しした検査食を朝昼晩お召し上がりください。
夕食は午後9時までにお済ませください。検査終了まで絶食となります。
就寝前に錠剤の下剤(プルゼニド)をお飲み下さい。お水、お茶は夕食後も摂取可能です。

03
検査当日

検査当日

  • 朝食はお控え下さい。
  • 水分(水やお茶)は飲んでいただいて構いません。
    ※お腹がすいて我慢ができない場合、アメを舐めたり、透明なジュースを飲んでいただいて構いません。
  • 現在飲まれているお薬は事前の指示に従ってください。
  • 検査5~6時間前から事前にお渡しした洗腸剤(サルプレップ)を飲んでいただきます。
    服用後1-2時間で数回排便があるのが普通です。服用後1時間しても排便がない場合、服用後気分が悪くなってきた場合、お腹が痛くなってきた場合、ご不明な場合はお電話でご相談下さい。
!※ご高齢の方、体調が思わしくない方などは、できれば一人で下剤を服用しないで下さい。下剤を服用して気分が悪くなった場合に相談できる方が近くにいただく方が安全です。また来院の際も、付き添いの方と一緒にお越し下さい。個人差がありますが大体7~8回くらいの排便があります。
04
検査

検査

検査着に着替え、検査用の紙パンツを履いていただきます。
検査台に横になっていただきます。医師、看護師が適宜お声がけをし、リラックスした状態で検査を受けていただきます。
眠っての検査をご希望の方は、鎮静剤を点滴により注射いたします。
検査時間は約20分〜30分程です。

05
検査終了後

検査終了後

鎮静剤、鎮痛剤を注射にて使用した場合、検査終了後は、1時間ほど休んでいただきます。その後、医師より検査結果の説明を行います。
ポリープ切除などの病理組織検査を行った場合、約2週間後にご来院いただき、病理結果の説明をお受けください。
鎮静剤を使用した場合は、検査後の車、自転車、バイクなどの運転はできません。可能でしたらご家族の方に迎えに来ていただくか、公共交通機関でお帰りいただくようお願いいたします。
検査終了後は、刺激の少ない消化の良いものを少しずつおとり下さい。翌日以降はいつもどおりのお食事で構いません。
ポリープ切除時は当日の入浴はお控えいただきシャワー程度に留めてください。

ポリープ切除

大腸ポリープとは

大腸ポリープとは

大腸粘膜の一部が隆起した病変を大腸ポリープといいます。大きさは数ミリから3センチ程度まで様々あります。ほとんどが腺腫、過形成ポリープに分けられます。
このうち問題となるのが腺腫で、放置しておくと徐々に大きくなり悪性、すなわち大腸癌へと進展する事があります。大腸ポリープの8割がこの腺腫性ポリープです。
従って良性の腺腫の状態で切除をすることが必要です。また6mm以上のポリープは癌のリスクが5mm以下のポリープに比べて7〜15倍にもなるので切除することが強く推奨されます。

切除方法

ポリープが見つかった場合、日帰りでのポリープ切除術を行っております。
切除方法として、10㎜以下の大腸ポリープに対し、通電焼灼せずに切除する『コールドポリペクトミー』を導入しております。
この方法は、従来の電気を流して切る方法と比べ、合併症である検査後の出血(遅発性出血)や穿孔のリスクが低く安全な方法と言われています。
10mm以上のポリープの場合や、10mm未満でもポリープの形態、性質、部位により切除せずに専門病院へ紹介する場合がありますのでご了承ください。

内視鏡検査(大腸カメラ)にかかる費用

1割負担 3割負担
大腸内視鏡検査のみ 約2,000円 約7,000円
大腸内視鏡検査+病理組織検査※1 約4,000円 約10,000~20,000円
大腸内視鏡ポリープ切除術※2 約8,000円~ 約20,000~24,000円

※1 病理組織検査…組織の一部を採取します。臓器数によりお値段がかわります。
※2 費用はあくまでも目安です。詳細は直接お問い合わせ下さい。